スポンサーサイト

0
    • 2011.10.02 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    ScanSnap1100を買ってみたよ

    0
      先日の事、子供がしばらく体調を崩していて
      夏休みに開催しているプールに通えない日々が続いていて、
      いざ快調!な状態を見計らって、

      「さー今日は学校のプールでガッツリ疲れて来い!」

      と、送り出しました。

      帰宅して食事中、

      「どーだったよ。プール最高だろ。やっぱ子供の夏はプールだよな。
       プール行って、アイスくって、早く寝ろよ!がはは」


      と、いったところ思いもかけない反応が。。

      「お父さん。今日プールなかったよ。
      もう夏のプールはないんだって。
       配られたプリントにも書いてあったよ!
      (どうなってますか??)」

      とドヤ顔された。。。


      なな、なんと!
      しかもそのプリント(冷蔵庫に張ってあるつもりだった)がどこ探してもない!
      いけない、これではいけないぜ。



      という経緯があり、我が家でスーパーマシーンを導入する事にしました。

      名前はScansnap 1100 by 富士通(PFU)


      こいつで、プリントを全部スキャンしてデジタル保存しておけばいいのですよ。
      うーん。素敵だ。

      このスキャナーは魔法のようです。

      大きさと形状は、ちょうどミニクレラップの箱ぐらい。




      価格は1万円チョットでAmazonでポチッとしました。
      PCとUSBで接続して、そこから電源も確保するので配線周りもスッキリ。
      廉価版なので連続投入とかは無理だけど、例えば複数枚のプリントも
      かんたんに1ファイルとして作成可能です。

      そして、添付のソフトがなかなかいいね。

      ささっとEvernoteと連携可能で、クラウドに保存しておけば
      ちょっとした空き時間に手元のIPHOEからプリントを読んだり、また共有も楽チン。
      ・・・なんだけど、Evernoteのノートブックの共有機能は
      IPHONEではサポートしてないようなので、
      メール添付で送るのが一番かなと思われます。

      また、OCR機能もついてるんでEvernoteでアップロードした
      ァイル内の文章も検索可能。
      このOCRっていうのは数年前に試した事あるんだけど、
      当時は全然ダメだったように記憶してますが
      今のとこScansnap添付のソフトはかなりの高認識でテキスト化しています。


      まあ。
      でもこれ出来たら最高なのになーと思う機能もいくつかあったのでコメント
      させて下さい。

      ★PCをONにするのがメンドクサイ

       →SDカードに取り合えず保存しておくような事が出来ればいいなーと。
        Eye−Fiみたいに、直接クラウドにアップ出切れば最高だね。
        それかBlueTooth経由でIPHONEに読み取れたりね。
        プリント一枚のスキャンのためにわざわざPC電源を入れるのはちょっとメンドクサイ。
        電源は単三電池二本ぐらいでどうですか?


      ★本とか雑誌を未裁断の状態でのScanが出来ない

       →裁断しないで、ちょっと気になる雑誌とか本の一部のスキャンが出来ません。。
        パカッと上蓋がとれて、聴診器みたいになぞって出きればいいんだけど

      下部のYoutubeは両面スキャンのやり方です。
      誰かの動画を拝借






      やっぱライフハックの一歩は「いかに楽できるかの追求」にあるね。

      ゆくゆくは、子供に自分でスキャンさせて。
      両親のGoogleカレンダーに予定入れといてもらえばいいね。


      って、、そんなしっかりものなら、こんなもんいらんか。。
      評価:
      富士通
      ¥ 13,800
      コメント:13,800円にて購入しました(2011年8月)なんだかさらに安くなったよ


      はじめてのお買い物 (at Amazon UK)

      0
        <8月18日追記> 知人より、市販のDVDプレーヤーについては映像方式の違いから イギリス版のDVDはうまく再生できないとの指摘を頂きました。 この場を借りて謝辞! まあパソコンでは見れるみたいですので、このまま続行しようと思いますが



        <8月16日> イギリスといえば、ロンドンブリッジにビートルズにダイアナ妃。 そんでもってロビンマスクというところか。。。 しかし、そのイギリスが今燃えている。


        http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/18882



        暴動の原因が特定できないって。。いうのは怖い。

        なんだか民主主義の凋落って感じがする。

        例えば中国、共産主義の国がこれから経済的に発展し、
        覇権を握ったとき 民主主義は試練を迎えるときがくるのかもしれない。。。。


        そんな昨今の事情はさておき、子供のトーマスDVDで欲しいものがあり
        色々と調べたところ、いくつかの事がわかった。

        ・日本のAmazonでは3,500円程度
        ・という事は一般店舗ではそれ以上の値段
        ・DVDにはリージョンコードというものがあり、それは国・エリア別で設定され ている ・日本と同じリージョンコードは欧州


        早速調査してみると、その価格差に驚いた。


        日本版だと3,500円程度のものが、イギリス版のAmazonでは約4ポンド。
        空前の円高で今の為替レートは1ポンド=約125円だから、
        500円程度で購入できる事がわかった。 送料についても500円程度、
        決済go!







        ちなみにさっきみたら、1ポンド=125円だった。

        ちなみに1980年代、1ポンドは580円前後だったみたい。

        日本で買うとDVD+CD(輸入盤)=3,500円+1,200円(送料込み)
         イギリスだと送料込みで2,000円ぐらい。

        なお、日本のAmazonとUKのAmazonは言語はもちろん違うものの、
         サイトの構成は似通っているので、そんな神経質に英語を読まなくてもOK。
        (だと思う) このあたりの信用具合はやはり世界企業ならでは。


        一緒に頼んだCDが9月発売なんで、到着はそれ以降になるが
        ちょっと禁断の果実を食べてしまったような心境だ。


        まあこれはせめて一矢報いたいという愛国心ですよ。

        円高にね。


        そうそう、大事な事を忘れてました。 当然日本語吹き替えは無いものですので、
        そこは息子に目つぶってもらおw といっても、
        元々日本の作品だったり、洋楽だったら そこは関係なくなっちゃうんだろうけど。


         なんだよ。ビバ円高。 最高ではないですか。

        ちなみに先日、AppleStoreで海外販売のIPODと国内販売の
        IPODで製品としての違いがあるか聞いたら、おんなじものですよ。 との事。

        TDL行ってきました

        0
          ディズニーランドをかましてきました。
          この夏休みの我が家のメインイベントであります。

          震災の影響で赤字とのニュースも流れてましたが
          この日の客入りは好調だった模様。
          すげー人。









          しょっぱなのカリブの海賊でカルチャーショックだったのか、
          次男はめっきり歩くという行為を放棄し、
          園内は基本抱っこで移動。

          アトラクションの待ち時間は抱っこ

          →やっとはじまったアトラクション内では
           快適な冷房とその薄暗さに爆睡

          を繰り返す。






          これはまさしく愛の試練。
          そうか、親は携帯の充電器みたいなもんなんだね。
          子供は携帯、電池切れると充電しに帰ってくるんだよ。

          そして最後はエレクトリカルパレード。
          只今節電のため、40%照度を落としてますとかなくて、安心。
          やっぱこれじゃないとね。
          (自家発電設備の運用も噂されてましたがどうなんでしょう)






          エルマーのぼうけんの竜がでっかくてすごかったよ。


          Googleサービスを利用するなら、お金はいりません。  ただし、プライバシーを払いなさい。

          0
             IBM創業者のトーマス・J・ワトソンが60年前にいった言葉が最近になり
            また脚光をあびているようです。

            コンピュータは全世界の市場でせいぜい5台ぐらいしか売れないだろう」

            今や各家庭に職場に、パーソナルコンピューターが普及して、
            その予測は外れたかに思えましたが、時勢はまさにクラウドに向きつつあり
            長い年月を得て、彼の予測が当たりそうだという話。

            そして「5台」という彼が出した数が暗示する事を考えるのも面白い。

            ロケーション(5大陸)を指した数字なのか、
            それとも企業(Google、Apple、Amazon等)なのか。。。

            まあ彼にしてみれば、適当にはき捨てた言葉が
            数十年後に拡散されてビックリなのかもしれないけど・・




            そもそも、クラウドってのは何さっ!という方向けに簡単な説明。



            あなたのPCを映写/入力機等に格下げしちゃいましょうという事。
            ハードディスクやらはインターネットの雲(クラウド)の中に預けて、
            データの保管もばっちり、メンテ不要。
            そこにはどんな端末からもアクセスできるよ!

            という事。

            代表的な例ではやっぱりGoogle、またこれから始まるAppleのiCloud、
            kindleや商品DBを有するAmazonとかいった世界企業が並ぶ。
            中でもGoogleは、GmailにPicasa、地図にカレンダーにオフィスツール、Youtube
            に。。
            全てを個人ユースで無料提供している。
            これはノーベル平和賞を毎日あげてもおかしくないぐらいの価値と
            同業他社の阿鼻叫喚を同時に創出している。


            しかしこれは、環境的に貧しい人々にとっては朗報このうえない話。

            「貧しい人々」といっても「貧困」の人々といったイメージに限らず、
            新たなベンチャーを立ち上げるような徒手空拳なものにとっても、
            大きなチャンスがきてるといっていいかもしれない。
            (ついでに世界的な低金利だしね)


            ところで、最近はじまったGoogle+についてひとつニュースを耳にしました。


            Google+の利用について、匿名ユーザーのアカウント削除が始まったらしいのです。

            しかもこのアカウント削除、警告→削除の流れになるとの話ですが
            Google+の利用停止にとどまらず、同アカウントでのGoogleサービスの
            利用全てをロックされるらしい・・・
            そしてロック解除には、身分証明書のコピーが必要らしいのです。

            今後、どうなるかは不明ですが、すくなくともGoogle+のプライバシーについての
            ポリシーはこうも解釈できます。

            「Googleサービスを利用するなら、お金はいりません。
             ただし、プライバシーを払いなさい。」


            Googleの創業時の目標を引用してみましょう。

            「人類が使うすべての情報を集め整理する」


            と言ってましたね。

            すべての情報には、私たちのプライバシーも もちろん含まれています。

            Googleはいったい何になろうというのか。
            幼少の頃、よく母から言われ言葉を思い出します。

            「どんなに目の前の人をだませても、神様(お天道様でも可)は全てを知ってい
            るよ」

            あーそうか、「5」という数字は大きな宗教の数でもあるんだな。
            Googleはここを目指すのかもね。


            「どんなに目の前の人をだませても、Google は全てを知っているよ」

            Googleは実は想像以上にすごいポジションにいるんじゃないかと。

            ウチの子が今度悪いことしたら、いってみよw

            おしまい

            「おいも」その後

            0
              ある日。

              キッチンに放置していた「おいも」から芽が出ているのを発見しました





              同じような境遇の、玉ねぎと記念撮影。
              この後、玉ねぎは虫が湧いてしまい悲しい別れになります。
              家族の興味もこのころからとっくに無くなりますが
              朝に晩に、主はせっせと面倒をみました。

              主とは、私です。






              お友達の豚さんと。







              その後、ついにグランドラインへと旅立つ決意をします。
              といってもベランダのプランターに移し替えです。

              ちなみに今、グランドラインとGoogle IMEで打ったら
              「偉大なる航路」と変換候補が出てきました。すげーっ。






              2週間経過









              「おいも」の生命力すごすぎる。















              おまけ:これはスーパーで買ってきたシソです






              梅雨明け → 初夏(いまここ)

              0
                ばら撒かれたアレをいったいどうやって、回収しろというのだ。
                現生の人類にとって、それは困難を極める作業になるに違いない…

                それはまるで我々に与えられた業のようなものなのか?








                って、わけで近所のジャブジャブ池に放たれたドジョウのつかみ取りっ!!







                まさにブルースカイの快晴の下、子供達とドジョウの真剣バトル。

                おっとっと。親は見学だけっ!
                注意される事、数回。スイマセン。




                おーっ!一匹とれたど!お姉ちゃんのもあわせて2匹ゲット。
                夏は嫌いなんだけど、水遊びはいいね。おじさんも大好き。


                僕ちゃんも取れたか。
                よかったよかった。



                ってなわけで、うちの水槽に投入。
                去年とったドショウと、夏祭りでとった金魚とご対面。


                大人になって、思い出すのはたいてい夏の思い出ばかり。
                今年の夏は、子供達にとってどんな思い出が作れるだろうか。


                主催の皆様、ご苦労様でした。




                お誕生日会だん!

                0

                  昨日は某友人宅にて、私と友人のお誕生日会を行いました。

                  不詳。わたくし、38歳になりました。

                  一家揃って友人宅へ。

                  なんとなく、キッチンに立ってしまう自分が不思議だが
                  子供ら用にエビ・チャーハンを作る。
                  エビがまあデカイことデカイこと。

                  「こんなのを食べたらウチの貧しい食卓が、子供らにばれてしまうのでは・・」

                  との心配から、見つからないように結構な量を食べておいた。
                  まったく「贅沢」ってのは怖いぜ。

                  友人の奥方のアイデアで、温かいご飯に生の卵を絡めて具と一緒に焼いてみた。
                  これがなかなかフンワリしていい出来だった。
                  一瞬彼女にドラッカーが憑依したのかと思った。
                  イノベーションってのはこういう事なんだな。
                  毎日毎回、同じ事をするんじゃなくて、
                  色々やってみるって事の大事さを再認識させられた。
                  まあ人の家のキッチンにたつと、色々と小技が増えて楽しいものだね。
                  (写真撮るの忘れた・・)









                  ジャジャーン。
                  いい肉買ったぜ。形成肉ではないのだよ。









                  シメは奥方の手作りケーキ。
                  ありがとう。ありがとう。





                  夜更けて、ダンダンと寝静まる子供たち。
                  やっぱ子持ちの飲み会は、「家飲み」が一番だ。



                  もうこの歳までくると誕生日はドンチャンして酔っ払ってしまうに限るな。
                  シンミリと過ごしてたら、焦燥感でおかしくなってしまうだろうて。。。。


                  そういえば、各所からメールにてお祝いメッセージを頂いたので
                  この場を借りて、発表と謝辞を言わせてほしい。

                  ・[ヤマダ電機]ケイタイdeお誕生日
                  ・株式会社楽天様
                  ・〇〇歯科

                  毎年、誕生日にオンタイムでメールをくれてありがとう。
                  あなたたちから来るメールが楽しみです。。。


                  いやはや。お邪魔しました。




                  添い寝→寝おち→奇跡の復活

                  0
                     あつい。

                    あつが、なつい。

                    ふと思いついたのだが、ズボンの中の湿気をベントできる
                    仕組みがあるズボンの開発が急務ではなかろうか。
                    ズボンの中の湿度が上がってくるのを見計らって、
                    プシューっと、ショワーッと。。

                    あー。ビール飲みたい。。。
                    けどこいつで我慢。




                    てなかんやで、今週はカミサンが不在。

                    ということは、子供らの面倒を私が見なくてはならない。
                    しかも、とても蒸し暑く、なかなかに厳しい一週間となった。

                    21時半。。

                    子供は寝る時間だ。

                    ホタルの光を歌いながら、

                    「本日の営業時間は21時半を持ちまして閉店とさせて頂きます。
                     明日のご来店を、心より。あ、心よりお待ちしてます!」


                    と歌いながら寝室のフスマをしめようとするも
                    誰一人納得しない。結局寝入るまで、添い寝。つられて寝落ち。。
                    ふと起きて、各自の布団から飛び出している子供らを
                    正規の位置に収納する。
                    まったく、日に日にデカくなってやがる。

                    子育ては、楽しい。それは正論だ。その通り。
                    子育ては つらい。それも正論だ。その通り。

                    どちらかの一元論で語れる問題ではない。

                    ただ、特に男親からみると
                    ある日いきなりお客さんのように、ウチにやってきて
                    そして今では私の中心にいるのは確かだ。


                    明日もまた暑くなるのだろうか。

                    あ!こらっ!おれのIPADにシール貼りやがったのだれだっ!!



                    ここ数年で買ってよかったもの総括

                    0
                       子供の頃、かなりマツコなデラックス野球盤を買ってもらい、
                      一人っ子だった私は、右手で投手、左手で打者。
                      しばらくすると攻守交代したりして、嬉々としながら遊んでいた。
                      当時の私は、たぶんこの野球盤以上に素晴らしいものを買う時が来るのだろうか。
                      いや。きっともうないんじゃないだろうかという予感があったのだが
                      特に30代になって、あっさりといくつか素晴らしい買い物に出会えたので、
                      今日は紹介したい。


                      □IPHONE4□□□□□□□



                      それまでは普通の折りたたみの携帯で、通信費もケチって使ってたので
                      ショートメールと通話としか使ってないような生活だったのですが、
                      それがガラリと変わりました。
                      ぐっと引き込まれるような美しい見た目と、快適なタッチパネル。
                      ひとつのものが、ここまでライフスタイルや人と人の繋がり方を変える
                      事があるのだろうか。今やこいつ無しの生活は考えられない。

                      とにかく素晴らしい。ジョブズよありがとう!
                      まったく。。いい時代だ!

                      今の時代に生きるものとしてIPHONE(まあAndoroidでもいいけど)をはじめとした
                      スマートフォンを使わないのは、非常にモッタイナイ事だと思ってる。
                      またこれからの人にとっては恐らく使えないと話にならない事になると思う。

                      例えるなら、石器を使わない石器時代人とか縄を使わない縄文時代人とか。
                      そんな感じになってしまうかも。
                       



                      □株式□□□□□□□

                      株を買うって事は、社会の仕組みを知る近道だと思う。
                      また恐れ多くも未来を知ろうとする事が、教養を深めたりする効用もある。

                      社会人一年目には万年筆ではなく、株式をプレゼントっていうの。どうだろう。
                      少額でも買えるものは十分にある。

                      リスクが嫌だという意見もあるけど、通貨も立派な変動リスクだ。
                      ただ、日本ではここ何十年か物価水準が変わってない(下落している)だけ。
                      元々は紙幣は「金:Gold」の交換券だったのだ。




                      □電動自転車□□□□□□





                      ウチはYAMAHAの子供を前乗せする電気自転車を使って、
                      毎日息子を乗せてマス。
                      これのお陰で坂の多い我が町もすいすいと動ける。
                      また、少なくとも「乗る」立場からするとこれは意外と安全な商品なのだ。
                      電動のお陰で、無理に踏み込む必要もないためバランスの維持が楽だ。

                      昔、息子を1.3kmほど離れた保育園に連れて行ってた時には、
                      毎朝本当に神がかり的な働きで、助けてくれた。
                      また、購入以来2年程になるが一度もパンクした事もない。


                      今日はとりあえず3つ紹介してみた。
                      よければ、ご参考に。

                      イクイクはソーシャルツールはクレジットスコアを代替するんジャマイカ

                      0
                         すっごくめったに使わないけど、なんとなく「家に置いといた方がいいかなっ」てもの。

                        家の中を探すと結構あると思う。


                        例えば、ハンバーグにいれる「ナツメグ」。
                        あれはハンバーグのレシピには必ずのっていて、
                        家庭に一瓶おいてあるけど
                        実はハンバーグにいれなくっても、たいしてかわらないし、
                        他に有効な使い方があるわけでもない。
                        しかも、いざ出番だ。
                        ハンバーグにいれてコネクリ回してやろうかと思うと、
                        賞味期限が圧倒的に切れてたりする。。。
                        (特に実家の調味料はそんなものと決まっている)

                        ホントは隣人にでもちょっと借りれたらいいのに・・・


                        例えば、ウチのカミさんは、仕事柄 家のプリンターを良く使うんだけど、
                        普通の家庭でのプリンターの役目ってそんなに年に何回もあるかっ
                        ?ってのも同じかな。
                        年末に「さあ年賀状するぞ!」って時に、
                        インクがないとかそんな事ざらにある。
                        そもそも粗悪品だとインク固まってたりするし・・。


                        この二つの例え(あんましいい例えじゃないかな?)が教える事は
                        実はみんなでシェアするほうが、所有(専有)にこだわるより
                        はるかに安く、メンテナンスも行き届いたものを利用でき、
                        かつeco(震災の後はあまり聞かない言葉となりましたが・・)
                        に使えるって事。


                        何かを所有(専有)するってこと。
                        モノと所有者の関係が1対1であることは、
                        今までは一般的で経済もそれをベースに考えられていたけど、
                        昔は街頭テレビよろしく「シェア」って概念が立派にあって、
                        日本がジリ貧になっていく今、「シェア」は復活してくる
                        考え方なのではないかと思っている。


                        最近ではルームシェアも流行っていると聞く。
                        20代で手取り10数万の人が、
                        6万近くの占有のワンルームを借りる事は
                        不可能な事とはいえないが、
                        現実的には厳しい生活になるのは目に見える。
                        それでも親元を出たというのは立派だが、
                        果たして自分専用のトイレを部屋の中にある贅沢は必要があるか?
                        専有の冷蔵庫に、洗濯機を持つ必要があるのか。
                        って事を一回考えてみてもいいと思う。

                        ※ルームシェアの例では、運営会社が新たな居住希望者と
                        既に住んでいる居住者とで面接の場をセッティングして、
                        合否を決めてるらしい。
                        既に済んでいる居住者にとっては、
                        ワリカン人数が増えるというメリットがある。

                        だけど、誰とでも「シェア」できるかというと多分無理で
                        どうやって「相互信用」
                        を成立させるかがハードルになると思うのだが、
                        最近では丁度いい事に、
                        twitterやらfacebookやらのソーシャルツールが発
                        達していて
                        色々な障壁はあれど、ゆくゆくはその「信用」を媒介する
                        役割を果たす可能性があるのではないかと思っている。

                        例えば普段、どんなネタをどのぐらいの頻度で書いているのか、
                        友人関係はどういった関係か。
                        プロフィールの写真はちゃんとしたものかとか・・・
                        金融機関でいうところのクレジットスコアみたいなものが
                        ソーシャルツールの履歴とか、
                        関係性から確認出来ちゃうと思うんだよね

                        しかも、今までfacebook、
                        twitter上で集めた信頼&
                        関係性を人は無下にできないとおもうから
                        極めて善意に基づいたネットワークが出来ると思うのだ。

                        というわけで、誰か。
                        私とカーシェアリングしようじゃないの。
                        (当方、免許がないので、運転して頂ける事が条件でござるが・・
                        ・)


                        【AirBNB】
                        個人の空き部屋を誰かにレンタルするサービス。

                        <AirBNB>
                        http://www.venturenow.jp/
                        column/ikari/20110428011603.
                        html

                        <AirBNB日本>
                        http://www.facebook.com/pages/
                        Airbnb%E6%97%A5%E6%9C%AC/
                        146688868727394


                        【ロンドンの自転車シェアサービス】
                        http://www.news-digest.co.uk/
                        news/content/view/6729/263/





                        レイチェル・ボッツマン,ルー・ロジャース
                        コメント:IPHONE版、「Free」のおまけにダイジェスト版がついていて、むしろこっちの方がオモシロかったよ